DHAが摂れる、超簡単!魚の缶詰料理

DHAが摂れる、超簡単!魚の缶詰料理

妊娠

 

私はコレステロール値が高いので、医者からDHAを含むフィッシュオイルを摂るように勧められています。また年取ったせいか物忘れが多くなったので、頭の回転を良くするためにも、もっとDHAを取りたいです。
最近はフィッシュオイルサプリを飲んでいますが、自然の食品から摂れたらそれにこしたことはありません。

 

そこでDHAを多く含む魚を調べてみました。イワシやサンマなど青魚、それからマグロのトロ、サケの脂っぽいところなど。
マグロはちょっと高いけど、イワシやサンマなら安くていつでも摂れそうです。
それから良いことに、生の魚だけでなくて、DHAは缶詰でも取れるそうです。これは忙しい私には本当に助かります。

 

今日早速、家にあったイワシの缶詰で簡単なお料理(と言えるのか?)を2品作ってみました。
まず、イワシの缶詰(オイル漬けでも味付けでもOK)を開けてお皿に出して、大根おろしと刻み葱をのせて醤油をかける。...簡単すぎ!
次は、イワシの缶詰を開けて、イワシに小麦粉をまぶしてフライパンで焼く、そしてショウガ醤油で食べる。...これも簡単すぎ!
あとは、イワシ缶詰の炊き込みご飯とか、イワシの缶詰と野菜のいためものなどもあるから、別の日に試してみましょう。飽きたらサンマやサケも食べてみましょう。

 

イワシの缶詰は安いものは100円以下です。こんなに簡単にDHAが取れて、しかもおいしくて安い!
これからも、もっとレシピを開拓していきたいです。

 

魚の缶詰で簡単魚料理!DHAも摂れる♪

 

私と私の家族は魚が好きで、魚料理をよく作ります。
特に青魚はDHAが豊富なので、なるべく積極的に食べるようにしています。
でも、生魚はあまり日持ちがしません。
いくら魚を食べたくても、毎日のように買い物に行くのは大変なこともありますよね。
そんな時に大活躍するのが魚の缶詰です。
水煮や味噌煮、蒲焼きなど、いろいろな味があり、しかも青魚の缶詰にはDHAも含まれています。
値段も安いし長期間保存できるとくれば、これを利用しない手はありませんよね。
魚の缶詰を利用して私がよく作っているのが、「さんまの梅しそごはん」です。
これは、小学生になる私の子どもも大好きなメニューで、いつもたくさん食べてくれます。
作り方はとても簡単です。
ごはんに刻んだ梅干しとしそ、さんまの蒲焼の缶詰を加えて混ぜるだけです。
魚の缶詰は、そのまま食卓に出すと何となく味気ない感じになってしまいますよね。
いかにも手抜きをしているみたいだし、安っぽさもあります。
そこで、缶詰を使って混ぜご飯にしたり、炊き込みご飯にするなどのアレンジをしています。
こうすると、簡単なのに手抜きに見えず、それなりに豪華に見えておいしい料理ができあがります。
これからも、生魚や魚の缶詰でいろいろな魚料理を作っていきたいと思います。