夫婦で健康!DHAで血液サラサラ

DHA

 

我が家では夫婦で中性脂肪の数値が高いため、良いと言われているものは何でも試しています。
特にDHA(ドコサヘキサエン酸)は血液をサラサラにすると言われているので、積極的に摂取するよう心掛けています。
DHAは血液の成分に働きかけ、凝固を防ぎ血流改善効果があります。
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクを防いでくれます。
また、中性脂肪の分泌を抑制する効果もあります。
DHAは特にサバやサンマ、イワシなどの青魚に多く含まれているといい、青魚の脂を上手に取り入れるように調理方法を工夫しています。
ただ、体内で酸化しやすい欠点もあるので、それらを緩和してくれる緑黄色野菜やゴマなどと一緒に食べる様にしています。
更にDHAは記憶力がアップするなど、脳細胞の働きを高める効果があり、認知症などの予防にも効果的です。
これから高齢になっていく私達夫婦には、DHAを出来るだけ取り入れて行く必要があるのかもしれません。
アルツハイマーなどになりたくないですからね。
脳の老化を防ぐためにも、DHAを積極的に摂取したいと思います。
DHAは他にもアレルギー疾患の改善などが期待されているようです。
アトピー性皮膚炎や喘息、年々増加する花粉症など、現代病と言われるアレルギー対策としても一役かってくれそうです。
精神を安定させてくれる効果があるので、ストレスの多い現代には必要不可欠な栄養ですね。

 

魚のDHAが多い部位と効果的な摂取方法

 

頭の回転が早くなるとか、認知症の予防になるなど、いろいろな身体に良い効果が期待されているDHAですが、その成分は主に魚に多く含まれています。
魚の中でも背中の青い、いわゆる「青魚」に多く含まれていて、いわしやサバ、サンマやマグロなどを食べると摂取できます。
DHAというのは実は魚の脂身の部分に多く含まれていて、脂ののった旬の時期に食べるといいといわれています。
よくマグロの目を食べると身体にいいといわれることがありますが、それはマグロの眼窩脂肪のあたりにDHAが多く含まれているということでそのように言われます。
あとは脂の多い箇所、例えばマグロで言えば中トロや大トロに当たる部分がDHAがたくさん含まれています。
DHAは加熱調理をしても性質や効能が変化することはありません。
しかし、脂の多い部分にたくさん含まれているので、焼き魚などで脂がにじみだしてしまうと、多少DHAの量が減ります。
お寿司やお刺身など生で魚を食べるのが一番DHAを摂取するのに適していますが、煮物や鍋料理などでも煮汁や出汁までしっかり飲めばDHAは余すところなく摂取できます。
要するに調理する時に溶けだしたDHAも全部とれるような料理にすればいいというわけです。