魚料理の良いところと日本の食文化

DHA

 

魚料理は健康に良いと言われているのには訳があります。
一つはDHAと言われる人間体には必要不可欠な栄養素をたっぷり含んでいます。
必須脂肪酸と呼ばれるものですが脳や心臓の働きに必要な栄養、イコール人間が生きていく上では欠かすことのできない栄養素です。
これらをたっぷり含んでいるのが魚料理です。
DHAを取ると頭が良くなると言われているのは脳や心臓などに必要な栄養素がたくさん取れるからというわけですね!
このDHAには血液をサラサラにする効果もあります。汚れた血液は血栓などの原因にもなり体にとっては良くないわけですが、DHAを取ることで、サラサラ血液にしてくれるわけです。
同時に悪玉コレステロールを下げる効果などもあります。
コレステロールは悪玉と善玉のバランスが重要といいますが、少なくても悪玉コレステロールがあれば良いとは思いませんよね。
悪玉が増えれば動脈硬化などを引き起こす原因にもなりかねません。
そんな体内の状態を良くしてくれる要素が魚料理にはいっぱい詰まっているわけです。
食の欧米化とよく言われますが、物が溢れている今は意識して食べないとなかなか忘れがちになってしまいます。
魚は毎日食べても良いと言われる程なので美味しい魚料理を食べて内臓から元気にしたいですね!

 

簡単にDHAを接種することのできる魚料理

 

魚には野菜や肉にはない、DHAが多く含まれています。DHAは接種すると頭が良くなるともいわれます。

 

だからこそ、たくさん接種したいと思う気持ちがありますよね。

 

一番簡単で多く摂取できる魚料理は、実は「刺身」です。生の方が多く摂取できます。

 

熱を加える料理もいいのですが、成分が流れ出てしまいます。

 

なので「刺身」が一番いいです。特に青魚にはDHAが多く含まれていますので、イワシ・アジなどがおすすめです。

 

でも、生魚が苦手という人も多くいます。そんなときは「魚の煮つけ」です。

 

もちろん、先に記述した通り、成分が流れ出てしまいますので、重要なのは「汁まで飲むこと」です。こうすれば流れ出た成分も一緒に取る事ができるので安心です。

 

無理だという人は汁をご飯に注いで食べるというのもあります。

 

魚のエキスがしみ込んだ煮汁は、白いご飯にしっかりと味がしみ込みますので、箸が進みます。青魚の煮つけといえば「鯵の煮つけ」と「さんまの煮つけ」が定番かと思います。

 

魚を切って、鍋に水・みりん・砂糖・酒を入れ、煮立ったら切った青魚と薄切りしたしょうがを並べふたをして煮ます。

 

20分以内にはできますので簡単な魚料理で失敗も少ないです。魚でDHAを接種して頭の働きを今以上に活発にさせましょう。